仲介手数料無料について

仲介手数料無料について

最近仲介手数料無料にしているところが多くなってきました。

これには何か事情があるのでしょうか?確かに、賃貸を借りる側としては、やはり仲介手数料無料だったり、半額などと良心的なプランのところの方が利用したくなるものです。

現代では、物件の数も豊富になっていき、仲介手数料を割り引いたり、ゼロにする事ができるようになってきました。

やはり手数料がかからないところの方が、契約者にとっても好ましく、契約意欲を掻き立てる宣伝となります。

しかし、不動産によっては「広告宣伝費用」という名目で手数料をとる事もあり、それが仲介手数料と同じ事になる場合があるので注意が必要です。

本来、広告費用は契約者が負担するものではなく、不動産会社側の実費となるのが基本となっています。

なぜ手数料が安いまたはかからないのか、その真意を探ってから契約する事が望ましいです。

そのためにも、契約前には慎重に裏の事情も調べるようにするといいです。

仲介手数料無料になるわけ

賃貸を契約するにあたり、やはり気になってくるのが初期費用です。

初期費用の代表例は、敷金・礼金などです。

その他にも仲介手数料がかかってくる事が殆どです。

この仲介手数料は、家賃の一か月分としているところが一般的です。

もしもあなたが契約する賃貸の家賃が毎月7万円であれば、仲介手数料も7万円かかるものと思いましょう。

しかし最近では、仲介手数料無料とするところも多くなってきました。

物件を探している時に、「仲介手数料無料」という宣伝に惹かれて不動産屋に入った方も多いのではないでしょうか。

実際に、手数料無料という事を売りにして宣伝している不動産屋も多いです。

仲介手数料無料を目指す

やはり契約者にとっては、賃貸契約にかかる手数料が、かからなければかからないほど都合がいいものです。

賃貸のオーナーにとっては、空き部屋を長い間作っておくよりかは、手数料無料にしてでも、次の入居者が入ってきてくれた方が助かるのです。

つまり、空き部屋を避けたいがために、「手数料無」と宣伝し、早めに契約者を得ようというのが、本来の目的だと言えます。